FC2ブログ

Emosson(エモッソン)の乗り物マラソン

10月の中旬にMartigny(マルティニ)近郊のダム湖、Lac d'Emosson(エモッソン湖)へ出掛けました。

Lac d'Emossonへは車で行くこともできますが、麓からダムの堤まで、ファニクラ、トロッコ列車、ミニファニクラと3つの乗り物を乗り継いで行く"Alpine transport marathon"があります。

さて、私たちは麓のLe Châtelard-village(ル・シャトラール・ヴィラージュ、地図の1)駅にある駐車場へ車を置いて出発。切符を買って最初の乗り物、ファニクラに乗ります。

この最初のファニクラは2台のキャビンが往復するファニクラとしては世界一の急勾配870‰。世界一急勾配を走るだけあって、車両の平行四辺形具合が凄い。

091011_Emosson(1-1).JPG

出発すると、麓駅がグングン小さくなります。

091011_Emosson(1-2).JPG

さらに進んでもう一台のキャビンと交差した後に麓を見下ろすとこれまでに乗ったファニクラとは比べ物にならない傾斜を感じます。

091011_Emosson(1-3).JPG

およそ12分でファニクラの頂上駅、Château d’Eau(シャトー・ドー、地図の2)駅に到着。

091011_Emosson(1-4).JPG

次の乗り物、トロッコ列車に乗り換え。

091011_Emosson(1-5).JPG

このトロッコ列車は崖の縁を走り、

091011_Emosson(1-6).JPG

la Chaîne du Mont-Blanc(モンブラン山群)などが望めます。

091011_Emosson(1-7).JPG

次第に目的地のLac d'Emossonの堰堤が見えてきます。

091011_Emosson(1-8).JPG

トロッコ列車に乗って12分ほどでPied du barrage(地図の3)へ到着。

最後の乗り物、ミニファニクラへ乗り換えます。

091011_Emosson(1-9).JPG

乗り換えの待ち時間に眺めるモンブラン山群は美しい。

091011_Emosson(1-10).JPG
★この写真は大きくなります(1000×375)。
(ミニファニクラのすぐ隣がMont-Blanc)

最後のミニファニクラの乗車時間は2分ほど。すぐに終点Lac d'Emosson(エモッソン湖、地図の4)です。

駅舎を出て展望台へ行くと、Mont-Blancがなんとか雲に隠れず姿を見せてくれていました。

091011_Emosson(1-11).JPG

この後、私たちはLac d'Emossonの堤の散歩です。

091011_Emosson(1-map).JPG
★この地図は大きくなります(654×436)。

★参考サイト
1. Parc d'Attractions du Châtelard VS SA (運営会社)
2. 政府観光局による紹介

★記録
行った日:2009年10月中旬
歩行距離:- km
高低差:- m
歩行時間:- 時間
ベビーカー:可
体力:0 ☆☆☆
技術:0 ☆☆☆
お勧め度:2 ★★☆

公式地図 (1:25000) 1324 Barberine


Hiking map (1:60000) 22 Grand-St-Bernard



↑ポチっとしてただけると更新の励みになります!
スポンサーサイト



15 : 41 : 34 | 乗り物の旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Flughafen Zürich(チューリヒ空港)の展望台

10月上旬に義姉と姪っ子が日本へ帰国するので、チューリヒ空港までお見送り。

搭乗手続きや手荷物を預けて見送った後、空港の展望台Zuschauerterrasse Eへ。この展望台へは、ターミナルビルの隣にあるシャトルバスのバス停(New guided tours ticket office)からしか行けません。

第2ターミナルビルを出て、空港ショッピングモールに入らずに右手へ。あとは標識が出ているので迷わないはず。標識に従って歩くこと約5分で、シャトルバスのバス停に到着。

ここでバスの料金CHF2.00を支払い、手荷物の検査を受けます。このときアーミーナイフを持っていましたが、係員に見せたらOKもらえました。

その後バス乗って空港内を移動すれば、目的地の展望台へ到着。

さっそく展望台に登って周りを見回すと、義姉と姪っ子の乗った飛行機発見。搭乗口の番号からして間違いなし。

091004_Zuschauerterrasse(1).JPG

飛行機の離陸時間までは間があったので、展望台の適当な遊具で遊ばせます。

091004_Zuschauerterrasse(2).JPG

そのうちに彼女たちの出発時間。飛行機は搭乗口を離れ、

091004_Zuschauerterrasse(3).JPG

離陸していきました。

091004_Zuschauerterrasse(4).JPG

091004_Zuschauerterrasse(5).JPG

091004_Zuschauerterrasse(6).JPG

空港のパスポートコントロールまで見送ることはあっても、飛び立つ瞬間まで見送ったのは初めて。

この展望台は高い金網がなく、見晴らしがとてもよいので飛行機の発着の様子がよく分かって面白かったです。

091004_Zuschauerterrasse(map).JPG
★この地図は大きくなります(874×654)。

★参考サイト
1. Flughafen Zürich (チューリヒ空港)
2. Zuschauerterrasse E(展望台E)の紹介

★記録
行った日:2009年10月上旬
歩行距離:- km
高低差:- m
歩行時間:- 時間
ベビーカー:可
体力:0 ☆☆☆
技術:0 ☆☆☆
お勧め度:2 ★★☆

公式地図 (1:25000) 1071 Bülach


Hiking map (1:60000) 06 Zürich



↑ポチっとしてただけると更新の励みになります!
00 : 00 : 00 | チューリヒ地方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Lavaux(ラヴォー地区)のぶどう畑

9月の下旬にレマン湖畔のLavaux(ラヴォー地区)へ出掛けました。この地区は2007年にUNESCO世界遺産に登録されています。

さて、この日のハイキングはChexbres-Village駅(地図の1)を出発してCully駅(地図の2)までぶどう畑の中を歩く観光局お勧めコースの一つです。

Chexbres-Village駅にはインフォメーションがあるので、地図をもらってさっそくハイキングスタート。

駅を出てしばらく歩くと、いきなり一面ぶどう畑。

090930_Lavaux(1).jpg

ワインの醸造所の前にはぶどうの搾り滓が置かれています。

090930_Lavaux(2).jpg

さらにぶどう畑の中へ進むと、白ワイン用のぶどうが実っていて収穫の真っ最中。摘み取られたぶどうがバケツに入ってます。

090930_Lavaux(3).jpg

090930_Lavaux(4).jpg

坂を下っているうちに前後左右360°に亘ってぶどう畑が広がるように。

090930_Lavaux(5).jpg

090930_Lavaux(6).jpg

090930_Lavaux(7).jpg

このぶどう畑には白ワイン用のぶどう以外に赤ワイン用のぶどうもありました。

090930_Lavaux(8).jpg

ぶどうの収穫には小型のケーブルカーのような装置を使ったりしていますが、基本的に手作業。

いま収穫されているぶどうたちは来年(2010年)になったら私たちの口に入っているかもしれません。

快晴の下、気持ちのいい湖畔のぶどう畑を歩いていると、向かい側からぶどうを一房食べながら歩いてくるおじさん発見。しかも農家の人ではないみたい。

…勝手に食べていいんですか?

090930_Lavaux(9).jpg

そんなおおらかな人も見つつ、美しいLavauxのぶどう畑を散策でき、楽しい一日になりました。

家に帰ってからは、Lavaux産のワインを楽しんだのは言うまでもありません。

090930_Lavaux(map).jpg
★この地図は大きくなります(1308×654)。

★参考サイト
1. LAVAUX (公式サイト)
2. 政府観光局によるラヴォー地区の紹介

★記録
行った日:2009年9月下旬
歩行距離:7.8 km
高低差:約170 m
歩行時間:5.5時間(お昼ごはん、休憩を含む)
ベビーカー:可
体力:2 ★★☆
技術:1 ★☆☆
お勧め度:3 ★★★

公式地図 (1:25000) 1243 Lausanne & 1244 Châtel-St-Denis
<2つの地図を跨ぐルートです>
 

Hiking map (1:60000) 15 Lausanne & 16 Gruyères
<2つの地図を跨ぐルートです>


 16 Gruyères ⇒ Amazon.co.jpでの取り扱いはありません(2010年2月26日現在)


↑ポチっとしてただけると更新の励みになります!
21 : 58 : 09 | レマン湖地方 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

Pilatus(ピラトゥス)のGolden Round Trip

9月の下旬にPilatusに行くGolden Round Tripを楽しみました。

Golden Round Tripとは、Pilatus(ピラトゥス)山の周囲を1周する旅で、湖船、世界一急勾配の登山鉄道、ロープウェー、バスに乗ります。

私たちはLuzern(地図の1)を起点として1周することにしたので、Luzern駅の駐車場に車を置いて船着場へ。

券売所でGolden Round Tripのチケットを買って2番乗り場に停泊している船へ乗り込みAlpnachstad(アルプナハシュタット)を目指します。

湖船はLuzerneを出発すると湖から街並みが見え、Luzernの街の大きさが分かります。

090927_Pilatus(1).JPG

船は途中、最初の停泊所Verkehrshaus(交通博物館、地図の2)をはじめ5箇所に停泊し、Vierwaldstättersee(フィーアヴァルトシュテッター湖(四森州湖)、通称ルツェルン湖)湖畔の様子が刻々と変化し面白い。

090927_Pilatus(2).JPG

090927_Pilatus(3).JPG

090927_Pilatus(4).JPG

ちなみに、船上からスイス唯一のガラス工場の街Hergiswil(地図の3)を眺めることができます。
(Hergiswilに関する記事:スイス唯一のガラスの街 Hergiswil(ヘルギスヴィル)

乗船時間およそ1時間45分でAlpnachstad(地図の4)へ到着。ここで湖船に別れを告げます。

090927_Pilatus(5).JPG

次の乗り物は登山電車。ピラトゥス鉄道(PB: Pilatus-Bahnen)は世界一急勾配の480‰で、世界唯一のロッヒャー式ラックレール。車両はケーブルカーのように平行四辺形になってます。

列車が駅を出るとグングンと高度を上げます。進行方向右手を見ると、さっきまで乗っていた湖船がLuzernへ向かっています。

090927_Pilatus(6).JPG

前方を見れば、先発列車が見え、後方を見れば急勾配の線路が見えます。

090927_Pilatus(7).JPG

090927_Pilatus(8).JPG

そうして周りを見回しているうちに頂上駅、Pilatus Kulm(ピラトゥス・クルム、地図の5)へ到着。

090927_Pilatus(9).JPG

せっかくなので駅舎から歩いて10分のOberhauptの展望台(アンテナのある場所)から360°のパノラマを楽しみます。

090927_Pilatus(10).JPG
★この写真は大きくなります(1000×375)。

Alpnachstadから登ってきた登山鉄道、Fräkmüntegg(フレクミュンテック、地図の6)から登ってきたゴンドラも撮れました。

090927_Pilatus(11).JPG

090927_Pilatus(12).JPG

眺望を楽しんだ後は、Luzernへ。ただ、真っすぐ帰るとつまらないのでロープウェーの途中駅Fräkmünteggで下車。

スイス最長1350 mのToboggan(トボガン、ソリで走る滑り台)コースを楽しみます。

090927_Pilatus(13).JPG

子供と二人乗りができるので面白く、結局5回滑りました。

Tobogganの後は今度こそLuzernへ。

FräkmünteggからKriens(クリエンス、地図の7)までロープウェー、次に1番のバスに乗り換えてLuzernへ到着。

090927_Pilatus(14).JPG

最後にLuzernでKapellbrücke(カペル橋)を歩いて、家路に就きました。

090927_Pilatus(15).JPG

090927_Pilatus(16).JPG

この日は、いろいろな乗り物を楽しめ、またPilatusからの眺望やTobogganも楽しむことができた贅沢な一日でした。

090927_Pilatus(map).JPG
★この地図は大きくなります(874×763)。

★参考サイト
1. Pilatus-Bahnen (ピラトゥス鉄道)
2. SGV (湖船会社)
3. 政府観光局による中央スイス地方(Pilatusなど)の紹介

★記録
行った日:2009年9月下旬
歩行距離:- km
高低差:- m
歩行時間:- 時間
ベビーカー:可
体力:1 ★☆☆
技術:0 ☆☆☆
お勧め度:2 ★★☆

Hiking map (1:60000) 11 Vierwaldstättersee



↑ポチっとしてただけると更新の励みになります!
00 : 00 : 00 | 乗り物の旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Charmey(シャルメイ)のDésalpe(デザルプ)

この日はGruyères(グリュイエール)近郊のCharmey(シャルメイ)でdésalpe(デザルプ、牧くだり)というイベントがありました。

Désalpeとは夏のあいだ山の頂の方にいた牛たちを麓へ連れて帰るお祭りです。Charmeyへの公共交通機関はtpf(フリブール公共交通)によるバスのみで、鉄道は通っていません。

さて、この日私たちは車でCharmeyへ。Charmeyへ着くとあちこちが臨時駐車場になっていて、路肩やら家の前やらに置くよう指示されます。

Désalpeの会場(Charmeyの目抜き通り)へ着きしばらく経ったところでイベントスタート。

まずはCharmeyの旗を持ったおじさんとブラスバンド、その後をチーズ(?)を頭上に載せたお爺さんが続きます。

090926_Charmey(1).JPG

090926_Charmey(2).JPG

間を置いてヤギが下りてきました。

090926_Charmey(3).JPG

ヤギの後はいよいよ牛です。

090926_Charmey(4).JPG

090926_Charmey(5).JPG

ヤギや牛の頭には花が盛大に飾られていたり、いなかったりします。聞くところによると、盛大に飾られた牛やヤギは夏に乳をいっぱい出したことのご褒美だそうです。

牛やヤギにしてみれば、夏におっぱいをいっぱい出したにもかかわらず、頭に重い飾りを載せられてイヤなのかもしれませんが…。

ちなみに、牛と一緒に歩く「牛飼い」さんの持つ杖の先端は尖っていて、言うことを聞かない牛をツンツン突っついて思うように動かしています。

090926_Charmey(6).JPG

途中にはスイスの伝統芸能、 alphorn(アルプホルン)演奏と旗振り(独語でFahnenschwingen、ファーネンシュヴィンゲン)。

090926_Charmey(7).JPG

Alphorn演奏と旗振りが終わればまた牛たちが下りてきます。

090926_Charmey(8).JPG

090926_Charmey(9).JPG

この日は、街の2箇所に露店が並び、片方はチーズなどの食べ物の販売会場、もう一方は手芸製品やカウベルといった手工芸品販売会場になります。

090926_Charmey(10).JPG

ちなみに私たちは上の子のねだるカウベル(正確にはヤギ用)、チーズ、ハムなどなどいろいろ買い込んでしまいました。

帰りに街外れの牧草地を見ると下りてきた牛たちが花飾りを付けたまま草を食みつつ休んでいました。

090926_Charmey(11).JPG

Désalpeはスイスを感じる楽しいイベントで、しかもおいしい食べ物もたくさん楽しめるのでお勧めです。

090926_Charmey(map).JPG
1. 会場

★参考サイト
1. Commune de Charmey
2. Désalpe Charmey (シャルメイのデザルプの紹介)
3. tpf (フリブール公共交通)

★記録
行った日:2009年9月下旬
歩行距離:- km
高低差:- m
歩行時間:- 時間
ベビーカー:可
体力:0 ☆☆☆
技術:0 ☆☆☆
お勧め度:3 ★★★

公式地図 (1:25000) 1225 Gruyères


Hiking map (1:60000) 16 Gruyères
 ⇒ Amazon.co.jpでの取り扱いはありません(2010年2月24日現在)


↑ポチっとしてただけると更新の励みになります!
22 : 51 : 25 | フリブール地方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

たっちゃん~

Author:たっちゃん~
2008年秋からスイスのフランス語圏に在住。
2005年生まれと、2008年生まれの子供を連れての街歩きとハイキング。これまでの記録とこれから行きたい場所を書こうと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

チューリヒ地方 (1)
中央スイス地方 (2)
スイス・ミッテルラント地方 (1)
ベルナーオーバーラント地方 (10)
ヌーシャテル/ジュラ地方 (1)
レマン湖地方 (6)
ヴァレー地方 (16)
フリブール地方 (6)
乗り物の旅 (3)
管理人のひとりごと (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード